2007年08月12日

記念すべき日に

U君。
人一倍努力家で、謙虚な君はそのまま自分の力で合格しますよ。不安がるために使う時間は実に無駄です。受験テクニックの悪魔がきみにいろいろささやくだろうが、すべて無視しなさい。

F君。
急にやる気を出した君を、僕は個人的感情のみから応援したかった。例のテキストは君に向けて書いたものといってもかまわない。君にとってあの志望校は自立への第一歩だ。学歴なんてかすんでしまうほどの大きな価値のあるチャレンジになるはずです。やさしくて、コミュニケーションが上手な君のことを、世間はもみくちゃにするでしょう。そこで磨かれて、いい男になってください。

M君。
初めて英語の読み方を指導したときのキラキラした眼が忘れられません。アレを聞いてうんざりするかキラキラするかで勝負が決まるんだ。まだ分からないことは多いと思うけど、あの時聞いたことに必ず立ち返って、考え抜いてください。

Mさん。
一度も休まずに、一番前の席で熱心に授業を聴いてくれました。週一度の授業じゃ正直言って足りないところもあるはずなんだ。これからだったのにね。でも教えるべきことはほとんど語りつくしてあるんだよ。あとは応用。簡単なルールを、複雑な構文に当てはめるだけだ。きっとできる。

Y君。
君も熱心な生徒だった。いまどき珍しい非おしゃれ体育会系で、難しい質問にもまっすぐに打ちかかってくる姿勢がすばらしかった。ここ難しいだろうな、ってことろを百発百中で間違えてくるのには笑ったが、たった一言の解説ですべてを理解する君のアタマには脱帽しました。最後まで部活やりぬけよ。君のアタマなら3年の8月からで十分だ。

Nさん。
だぶんお嬢さん育ちなあなたは、やや野獣系な僕とはあんまり合わないかな、と思ってました。でも最近になってようやく質問なんかに来てくれるようになって、そのとき君のノートを見ると僕の授業が生かされているのがわかってとてもうれしかったです。その調子でがんばれ。正確に読めさえすれば、テクニックなんかいらないから。

H君。
あの難しいテキストを1ヶ月ほどで終えてしまったのは、ひとえに君の予習がすばらしかったからです。あとは良質なテキストを選んで、いつも1対1でやって時のことを思い出しながら自学自習するんだ。君にはすでにその力がある。決して基本をおろそかにしないように。
な、簡単だろ、英語なんて。



…もう、きりがない。
たくさんの生徒たち、developingな僕に付き合ってくれて、どうもありがとう。

ほんとになあ。これからなのになあ。

いっぱい伝えたいことがあった。僕自身まだdevelopする余地がたくさんあって、受験後半の企画を考えるだけで胸が躍ってた。
基本を伝えて、その応用を示す。僕の仕事はそれに尽きるんだ。面白くある必要なんかない。そんなことより、いままで暗号にしか見えなかった英語が、あたかも日本語を読むときのように、具体的で明確な意味を伴って君の眼前に現れる。これに勝る面白さなんか存在しない。このことを僕は伝えたつもりだ。

その後は君が自分でやるべきこと。君たちがそれを実行するのを見守るのは、この仕事に従事するものの特権だ。

いや、特権だったはずだ。

もはやそれも叶わない、なんてことが実際に起きようとは夢にも思わなかったよ。

むしろ、そんな君たちの事を忘れようにも忘れられないのは、この仕事に従事するものの宿命だ、というべきだろうか。

忘れやしない。忘れられないからだ。

僕は、君たちが来春、英文を完璧に読解して、必ず栄冠を勝ち取ると確信している。

ありがとう。
posted by vice_versa at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | on the job | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。