2007年07月18日

めずらしい男子

高校3年生のK君。この地域では有数の進学校の生徒である彼は、最後まで部活をやりぬき、ようやく最近になって受験に本腰を入れるようになった。
もともとデキがいいのか、僕のうるさい文法議論にもついてくるようになった。
最近の男子学生は大きく2通りに分かれる。明るいか暗いかだ。後者は表情すらなく、何を考えているかさっぱり読めない。誘い笑いにも反応せず、顔面括約筋が退化してしまったかのようだ。

K君は前者だ。
明るいのをさらに2つに分ける。ハキハキした好青年か、女にもてることしか考えない歩く精子だ。

K君は前者だ。体育会でしっかり鍛えた背筋をピンと伸ばし、はっきり人の目を見て話す。当たり前だけど、そんな高校生は、少なくともウチでは珍しい部類に入る。

ウチの個別指導は、一つ一つコンパートメントで仕切られているわけではなく、普通のサイズの教室でめいめいがワイワイやる。
隣近所の声なんか丸聞こえだ。

彼には僕が作った『ムズ文テクスト』ってのを渡してある。これはいつだったか暇に任せて、構文が複雑な文ばかり集めたものだ。ある程度文法が分かっている人にしか渡さない。そうでなければ英語嫌いになってしまうからだ。

先週、彼のデキはとてもひどかった。
予習も適当だし、時間かけて文法的に推論すべきところを単純に質問してきた。

「志望校に入れるかどうかというようなチンケな問題じゃない。問題に臨み、こんな半端なところで退却するんなら、今すぐ金玉切って捨てろ。」

みんなに聞こえるのを承知で、ややきついことを言った。

同じ場所に、K君と同じ学校の2年生がいた。
隅々までオシャレして、ミニスカートで、話し方もわざと頼りなげなトーンを作る、よくあるタイプの「かわいい」女子だ。
教室の隅で、驚いたような顔をしてこっちを見ていた。目が合うと、泣きそうな顔になった。

K君に惚れてんのかな? と思った。

今日、1週間ぶりにK君をみると、先週とは別人のようなすばらしい予習っぷりだった。
完答には程遠いが、今の彼なら上出来だ。

僕は彼を讃えた。寿いだ。みんなに聞こえてしまうがかまわないと思った。

先週と同じ場所に例の女子がいて、また目が合った。すごくうれしそうな顔で笑っていた。
僕も笑顔を返し、軽く「よっ」みたいな挨拶をした。
K君はそれに気づき、彼女と目が合った。彼女はすばやくペコッと頭を下げた。

K君はあごをヒョイっとしゃくっただけですぐに英文に向き直った。

僕は机の上の紙に「冷たいな」と書いた。
K君は「女うざいっす」と返した。

おお…

そうなんだ。男はある時期女が嫌いになるもんだ。猫もシャクシも女にもてたいみたいに言うけれど、あれはなんというか、空気を読んでそう言ってるだけなんじゃないのかな。社交界の掟というか。めんどくさいけど、まあもてたいって言っておけば無難だし、みたいな。

もてたいかぁ?素朴すぎるけど、そう思う。
僕は付き合いは極めて悪いほうだし、思ったことをちゃんと言わなきゃバチが当たる、ってのは変だけど、なんというか思ったとおりに口を開くのは一種の宗教的信条みたいなもんだから、社交辞令のボキャブラリーはあまり豊富ではない。
そのせいか女性から、特に新入社員の若い女性からは冷たいとか怖いとか言われる。
僕はごくニュートラルの対応しているだけだから、こういうのを冷たいとか何とか言う奴は、多分いままで相当に甘やかされてきたんだろうなと思う。
同時に、本心でコミュニケーションをとった経験が乏しいのかもな、とも思ってしまう。

今日のK君を見て、久しぶりに波長の合う男を見た気になった。
うむ、それでいい。それで君を煙たがる奴は放っておけばいいんだ。

来週も気合入れてこいよな。
ラベル: 受験生
posted by vice_versa at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | on the job | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。